[Hockey] 毎年恒例 「実は怪我を隠してプレイしていました」のマッチョ自慢合戦(?)はじまる

ホッケー・メディアやファンはこういうのが大好き。「NHLerはなんと勇敢であることか!」「これぞ男、真の勇者!」みたいに賞賛されるのですが、ほんとうにそうかな? 😦

昨シーズン、Pensとファイナルを戦ったSharksは1stラウンドで敗退。キャプテンThorntonさんの場合:

『勇敢』ともてはやすことの問題。

上記ツイートの実例。「Thorntonにひきかえ、NBA選手はたかが指を怪我しただけでプレイオフを全欠」

Blake Griffinを軟弱だとののしりたいなら、チームのスタッフを殴って自分の手を骨折だかなんだかしたことを持ち出してほしい。ただMcJesusくんも試合中に誰かを殴ろうとして手を怪我したことがありましたよね。

話題を戻して。こういう姿勢が賛美されるせいで、キャリアやメンタル・ヘルスを犠牲にする人が出てくる。

NHLが抱えるメンタル・ヘルスや脳震とうの問題ともかかわりがあるのでは?

「ねえママ、どうしてパパはぼくの名前を忘れるの?」「パパはね、チームのために戦ったのよ」 😥

思い出されるのは、現役中、5度の脳震とうを経験し、長期記憶障害を負うことになった元NFL選手が妻と4人の娘のために書いたラブレター。

Ex-NFL Dad Writes Love Letter to His Wife & Daughters After Concussions Cause His Mind to Slip Away

By Sara Vallone
http://ijr.com/2016/08/682728-ex-nfl-dad-writes-love-letter-to-his-wife-daughters-after-concussions-cause-his-mind-to-slip-away/

You Will Always Be My Girls – YouTube

Published on Jun 26, 2014

Super Bowl Champion Ben Utecht writes a love letter to his wife and girls from the perspective of the aging football player who may not remember their names and faces one day due to brain disease from concussions.


そういえば先日、薬物の過剰摂取により亡くなったとされるベイビーPens(Wheeling Nailers)の元コーチも、現役中に負った怪我が元で依存症になったのではと噂されていました。ホッケー村では悲しいかな、よく聞く話です。まだ30代、幼いお子さんが遺され、教育資金を集めるための基金が設置されています。

Coach, Retired NHL Player Found Dead Of Apparent Heroin Overdose

By Ralph Iannotti | CBS Pittsburgh | April 6, 2017
http://pittsburgh.cbslocal.com/2017/04/06/dave-gove-hockey-player-overdose/

A former NHL player and minor league coach has been found dead in a rehabilitation facility for men in Pittsburgh’s Uptown neighborhood.

[…]

Gove was head coach of the Wheeling Nailers last year for several months, but took a leave of absence in April without explanation.


お前もか!のKarlssonさん。ふつうはシーズンが終了したときに発表するものだけれど、Sensはプレイオフ2ndラウンド進出を決めています。狙われちゃうのでは?

ECF敗退後の続報


Oviはシーズン終了後に発表。

Advertisements

[Hockey, 脳震とう] 元NHL選手は精神障害の発症率が一般よりも高い(研究)

精神障害としてあげられているのは、薬物の乱用(よく聞くのは依存性の強い鎮痛剤やヘロインなど違法薬物)、うつ病、PTSD、双極性障害、強迫性障害。

高学歴の親ほど子どもがアメフトをすることに反対だという研究をどこかで読んだことがあるけれど、ホッケーはどうなのでしょう。

Former NHL Players Are More Prone To Psychiatric Disorders Than The General Public: Study

By Sarah Rieger | Posted: 04/16/2017
http://www.huffingtonpost.ca/2017/04/16/nhl-study_n_16053316.html

現役時代に脳震とうを繰り返し経験した元選手は、認識能力テストの結果が悪かった。

The study found while there’s little evidence of cognitive impairment in the former athletes, there were “marked differences” between former players and the control group with the number of people with psychiatric disorders. Some of those differences could be due to the number of concussions NHL players experience, researchers suggest.

“Reliable group differences in cognitive performance were observed on tests of executive and intellectual function; performance on these measures was associated with concussion exposure,” the study reads.

Players who experienced more concussions scored lower on intellectual function tests than members of the control group.

認知障害がひどく、研究対象から外された元NHL選手も2人いたそうです。


NHLは「脳震とうとホッケーは関係ありませんよ~! 🙂 」という態度を取っており、NBAファンはおろか、NFLファンでさえ目をむくような危険なプレイに対しても、ろくに処罰を与えようとしない。

たとえばこちらCBJのゴミ箱くんは、1-4の負け試合が終了する直前に、背後からPens選手に殴りかかり、さらに、がかがみこんだ選手の頭を一撃… 😯 (実際のプレイ

もう一人のゴミ箱くんは、Sidを狙い撃ち。

このチームには、Sidを追いかけ回すことを使命としているらしいゴミ箱くんがいて、過去にはこんなことも。

そしてNHLがこれらの3つのプレイに対して科した処罰はというと、あわせて2試合の出場停止と、お仕置きボックス入り数分。

どうやら(打ち身などをのぞいて)ひどい怪我をしなかった若手Kuhnくんはともかく、過去に何度も脳震とうを経験しているSidの長期的な健康が心配でなりません…。 😥

[Pens] 怪我との闘いに、CoachMePlusを活用

まー、毎年飽きもせずに怪我人を出し続けているPensさん。にもかかわらず優勝してみたりプレイオフ連続出場記録を持っていたりするのだから、統計畑の人たちが頭かかえちゃうのも無理ありません。

今シーズンも、インパクトを考慮するとリーグ4番目に大きな打撃をうけた、なんてデータが。

ファンとしては多少の怪我や病気にはもうため息も出ませんが(脳震とう、ガン、血栓、心臓発作でなければむしろ安堵…)、PensのFOやコーチ陣はそうも言っていられません。

Penguins’ biometrics program helps alleviate injury woes

By Bill West | TribLIVE | April 9, 2017
http://triblive.com/sports/penguins/12161905-74/penguins-biometrics-program-helps-alleviate-injury-woes

“As long as the athletes believe (the tracking) is beneficial and there’s a trust relationship between the coaches and the athletes, then (players) will buy in,” said CoachMePlus president and co-founder Kevin Dawidowicz, who counts 11 NHL teams among his company’s clients. “The Penguins are actually a very successful organization at doing this. … They’re one of the more advanced teams.”

興味深くもあり、少し恐ろしいような気もする新しい技術。『信頼関係』がキーになるというのは頷けます。

若手くんたちにくらべると、やや慎重な言葉がSidさんらしい。

“There’s lots out there if you want to wrap your head around it,” Crosby said. “You don’t go by everything, but there’s certain pieces of information you can use. It’s not always the information you get. It’s how you interpret that information.”

CoachMePlus
(Photo: CoachMePlus.com)

Pensへ移籍してきた後も鉄人記録を途切れさせないPhilについては、徹底的にデータを取って研究してもらいたいものです。 😉

[Hockey] NHLは、韓国はパスして、中国でのオリンピックにだけ選手を出したいそうな

がめついNHLオーナーさんたちがレギュラー・シーズンを中断したくないというなら、冬季はやめて、夏の東京五輪へいらっしゃればよろしいのに。観客もエアコンがガンガンきいたアリーナでのホッケー観戦を楽しめるし、一石二鳥! 😉

それにしても、好景気にわき、オーナーと選手会が新労使協定をむすんだばかりのNBAとはえらい差です。

NHL選手会の反応。CP3率いるNBA選手会にくらべると、なんだか頼りなさそうな団体ではありますが。

箝口令?

ま、Oviは何があっても出る気まんまんだし、他のスター選手も、Kingは分身の術で、Priceさんは壁を作って、真面目なSidは愛国心あふれるチームメイトの企みによって、Brent Burnsはヒゲを隠れ蓑(?)にして、どうにか出場をはたすだろう観測も

ただ米国チームには大人の事情($$$)があるらしく、また各国がベスト・メンバーをそろえると昨年の『ワールド・カップ』みたいにボロ負けしてしまうかもしれず、大学生チームを送って体面を保てばよろしい(たんにPK*neの顔を見たくないだけ)。

国際ホッケー連盟は「そんな勝手は許さん」。

NHL asked for decision on Olympics by end of April

By Larry Lage / The Associated Press | March 23, 2017
http://www.seattletimes.com/sports/nhl-asked-for-decision-on-olympics-by-end-of-april/

The NHL has acknowledged it isn’t excited about the prospects of marketing the sport in South Korea, but it is very interested in being part of the 2022 Olympics in China.

Fasel suggested that might not be an option.

“If they don’t go to Korea, it will be very difficult for them to go to Beijing,” Fasel said. “The IOC will be in a different position and it would be a totally different deal on the table for the NHL. The NHL has more to lose than to win if they don’t come to Pyeongchang. If they don’t come, they will isolate themselves. The fans will not be happy and the players won’t be happy and then I would say, ‘Good luck with negotiations to go to China.’”

ちなみに、NHLとは関係ない女子は、どの国もベスト・メンバーを送り込みますよ。