[Hockey, 脳震とう] 元NHL選手は精神障害の発症率が一般よりも高い(研究)

精神障害としてあげられているのは、薬物の乱用(よく聞くのは依存性の強い鎮痛剤やヘロインなど違法薬物)、うつ病、PTSD、双極性障害、強迫性障害。

高学歴の親ほど子どもがアメフトをすることに反対だという研究をどこかで読んだことがあるけれど、ホッケーはどうなのでしょう。

Former NHL Players Are More Prone To Psychiatric Disorders Than The General Public: Study

By Sarah Rieger | Posted: 04/16/2017
http://www.huffingtonpost.ca/2017/04/16/nhl-study_n_16053316.html

現役時代に脳震とうを繰り返し経験した元選手は、認識能力テストの結果が悪かった。

The study found while there’s little evidence of cognitive impairment in the former athletes, there were “marked differences” between former players and the control group with the number of people with psychiatric disorders. Some of those differences could be due to the number of concussions NHL players experience, researchers suggest.

“Reliable group differences in cognitive performance were observed on tests of executive and intellectual function; performance on these measures was associated with concussion exposure,” the study reads.

Players who experienced more concussions scored lower on intellectual function tests than members of the control group.

認知障害がひどく、研究対象から外された元NHL選手も2人いたそうです。


NHLは「脳震とうとホッケーは関係ありませんよ~! 🙂 」という態度を取っており、NBAファンはおろか、NFLファンでさえ目をむくような危険なプレイに対しても、ろくに処罰を与えようとしない。

たとえばこちらCBJのゴミ箱くんは、1-4の負け試合が終了する直前に、背後からPens選手に殴りかかり、さらに、がかがみこんだ選手の頭を一撃… 😯 (実際のプレイ

もう一人のゴミ箱くんは、Sidを狙い撃ち。

このチームには、Sidを追いかけ回すことを使命としているらしいゴミ箱くんがいて、過去にはこんなことも。

そしてNHLがこれらの3つのプレイに対して科した処罰はというと、あわせて2試合の出場停止と、お仕置きボックス入り数分。

どうやら(打ち身などをのぞいて)ひどい怪我をしなかった若手Kuhnくんはともかく、過去に何度も脳震とうを経験しているSidの長期的な健康が心配でなりません…。 😥

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s