[Hockey] 元Pens選手、ヒラリー・クリントンをヒトラーになぞらえたインスタ画像をLikeしたことで、オリンピック出場禁止をくらっていたかも?

オルタナ右翼(ネオ・ナチ)が大手を振って大統領府に出入りするアメリカではノー・プロブレムかもしれないけれど、ここでのポイントはGreissがドイツ出身であり、ドイツ代表チームの一員だということ。

Islanders goalie Thomas Greiss apologizes for Instagram posts he liked during presidential campaign

By Arthur Staple / Newsday | May 12, 2017
http://www.newsday.com/sports/hockey/islanders/islanders-goalie-thomas-greiss-apologizes-for-instagram-posts-he-liked-during-presidential-campaign-1.13627774

Islanders goaltender Thomas Greiss issued an apology for causing an uproar in his native Germany for several Instagram posts that he “liked” during the U.S. presidential campaign, one of which compared Hillary Clinton to Adolf Hitler.

Greiss’ social media behavior had drawn the attention of the German hockey federation, for whom Greiss is currently playing in the World Championships in Cologne. The head of the federation strongly criticized Greiss’ behavior, forcing the Islanders and Greiss to give Newsday statements last night.

Eishockey Torwart Greiss droht der Olympia-Ausschluss

http://www.sueddeutsche.de/sport/eishockey-torwart-greiss-droht-der-olympia-ausschluss-1.3503069
(以下はGoogle翻訳による)

According to his very questionable Instagram-Likes, ice hockey national goalkeeper Thomas Greiss threatens the exclusion from the German Olympic team. “Whoever acts or communicates in this way can not be a team member in Pyeongchang,” President Alfons Hörmann from the German Olympic Sports Federation (DOSB) told the SID.

[…]

“All athletes have an important role model in the public arena,” said Hörmann, “political extremism has nothing to do with sport,” he said. “We will continue to emphasize the special importance of the values ​​of sport for the Olympics – our team in Germany – Zero tolerance. “Therefore, maintaining this communication would be a clear exclusion criterion for this or other player.”

Likeを取り消して謝罪したことでお咎めなし、という理解でいいのかな。

Twitterではこの件を伝えたライターさんに噛みつく人もあり。しかしドイツはヒトラーについてはシリアス。「個人としての意見」「たかがmeme、lol」ではすみません。

Continue reading “[Hockey] 元Pens選手、ヒラリー・クリントンをヒトラーになぞらえたインスタ画像をLikeしたことで、オリンピック出場禁止をくらっていたかも?”

Advertisements

[Hockey, 脳震とう] 集団訴訟、自殺した4名の元ジュニア選手、Sidは早期引退すべきか、ほか

NHLがこの50年間、効果的な脳震とう対策をとってこなかったのは、NHL選手会が邪魔したせい?

League points finger at union in NHL concussion case

By Rick Westhead / TSN | Apr 21, 2017
http://www.tsn.ca/league-points-finger-at-union-in-nhl-concussion-case-1.739833

The National Hockey League says the NHL Players’ Association has repeatedly interfered with its attempts to introduce rules over the past 50 years to limit staged fighting, better safeguard players and bolster penalties for dangerous head hits.

Connolly wrote, “…hockey players today continue to compete fiercely for the chance to play in the NHL despite significant publicity – including in feature films and press coverage of this very litigation – regarding the alleged risks of head hits. Accordingly, the notion that no proposed class member would have played in the NHL if he received more information about those risks is highly implausible.”

一口に選手会といっても、#99、#66、#87が代表するエリート選手もいれば、自分や他人の健康を犠牲にすることでかろうじてリーグにしがみついてきた選手も多いわけで、NHLはそのどちらも都合のいいように利用してきましたよね~。


自殺した30歳以下の元ジュニア選手4名の脳を病理解剖、全員がCTEと診断された。22歳で亡くなったDrew Mulliganさんはいわゆるenforcer、ホッケーの「チェック」「乱闘」が原因で脳震とうを発症したとお姉さんが語っている。

Four Jr. Hockey Players Who Committed Suicide Diagnosed with CTE

By Rick Westhead | April 27, 2017
http://www.tsn.ca/four-junior-hockey-players-diagnosed-with-cte-researcher-says-1.730445

Tyler Maland, a spokesman for the Concussion Legacy Foundation, said more than 1,700 people have pledged to donate their brains to B.U. for study of CTE, a brain-withering disease linked to repeated concussions.

Of those 1,700, five are former NHL players. No current NHL player has pledged his brain. By comparison, three active NFL players and more than 100 former NFL players have pledged their brains to science, Maland said.

“…To continue to play a sport like hockey or football, you have to turn a blind eye to this,” said Lisa McHale, the foundation’s director of family relations. “Willful ignorance is an easier tack to take than being concerned about CTE when you’re still making your living as a professional athlete.”

アイス・ホッケーやアメフトのようなスポーツを続けるには、脳震とう問題に目をつぶり、自分には悪いことが起こらないようにと願いながら無知を決め込むしかない。

NFLでは現役3名を含む100名以上の選手が死後の脳の病理解剖に同意しているが、NHLでは元選手3名のみ…。


LatendresseさんはNHLを引退して6年、不安症、ストレス、頭痛、疲労、睡眠障害など脳震とうの後遺症に苦しんでいるとラジオで語った。彼とSidは同い年(ジュニア・リーグのドラフト全体1位と2位)。Sidもプロ入りして以来、少なくとも4度の脳震とうを経験している。世界最高のホッケー選手は、将来のQOLを考えて早期引退すべきか? r/hockeyのファンが話し合っています。

Guillaume Latendresse’s life, 4 years after retiring due to concussions

https://www.reddit.com/r/hockey/comments/693awb/guillaume_latendresses_life_4_years_after/

Guillaume Latendresse was interviewed this morning on the 98.5 radio in Montreal. While the subject of the interview was Crosby’s injury, Latendresse instead started talking about his personal injuries and the effects they have on his life.

  • Had 6 concussions in his last 3 seasons
  • Still has anxiety, stress, headaches, fatigue, can’t function with less than 8 hours of sleep
  • […]

SidやTangerは将来の健康/家族のためにホッケーから足を洗うべきか、というのは彼らが脳震とうを起こすたびにファンのあいだで繰り返されてきた議論です。究極的には本人と医師のあいだで話し合われるべきこと。ただファンとしても不安を覚えずにはいられません。 😥


Should Sidney Crosby consider retiring?

http://www.therecord.com/sports-story/7275275-should-sidney-crosby-consider-retiring-/

The time may be approaching, doctors suggested Wednesday, for Crosby to take a hard look at not when — but if — he should return to the game.

“When there have been multiple concussions, the chance of having persisting symptoms goes up terrifically,” said Dr. Charles Tator, the director of the Canadian Concussion Centre at Toronto Western Hospital. “So we’re especially careful about helping people avoid further concussions.

2011年の復帰が遅れたのは、実は首の負傷が原因だという推測も。そうだといいなあ…(これをwillful ignoranceというのか?)


最後に、脳震とうに関わる嬉しいニュース。ホッケーどころではなく、QOLや生命すら心配されていたふたりの選手についての続報。

[Hockey] 毎年恒例 「実は怪我を隠してプレイしていました」のマッチョ自慢合戦(?)はじまる

ホッケー・メディアやファンはこういうのが大好き。「NHLerはなんと勇敢であることか!」「これぞ男、真の勇者!」みたいに賞賛されるのですが、ほんとうにそうかな? 😦

昨シーズン、Pensとファイナルを戦ったSharksは1stラウンドで敗退。キャプテンThorntonさんの場合:

『勇敢』ともてはやすことの問題。

上記ツイートの実例。「Thorntonにひきかえ、NBA選手はたかが指を怪我しただけでプレイオフを全欠」

Blake Griffinを軟弱だとののしりたいなら、チームのスタッフを殴って自分の手を骨折だかなんだかしたことを持ち出してほしい。ただMcJesusくんも試合中に誰かを殴ろうとして手を怪我したことがありましたよね。

話題を戻して。こういう姿勢が賛美されるせいで、キャリアやメンタル・ヘルスを犠牲にする人が出てくる。

NHLが抱えるメンタル・ヘルスや脳震とうの問題ともかかわりがあるのでは?

「ねえママ、どうしてパパはぼくの名前を忘れるの?」「パパはね、チームのために戦ったのよ」 😥

思い出されるのは、現役中、5度の脳震とうを経験し、長期記憶障害を負うことになった元NFL選手が妻と4人の娘のために書いたラブレター。

Ex-NFL Dad Writes Love Letter to His Wife & Daughters After Concussions Cause His Mind to Slip Away

By Sara Vallone
http://ijr.com/2016/08/682728-ex-nfl-dad-writes-love-letter-to-his-wife-daughters-after-concussions-cause-his-mind-to-slip-away/

You Will Always Be My Girls – YouTube

Published on Jun 26, 2014

Super Bowl Champion Ben Utecht writes a love letter to his wife and girls from the perspective of the aging football player who may not remember their names and faces one day due to brain disease from concussions.


そういえば先日、薬物の過剰摂取により亡くなったとされるベイビーPens(Wheeling Nailers)の元コーチも、現役中に負った怪我が元で依存症になったのではと噂されていました。ホッケー村では悲しいかな、よく聞く話です。まだ30代、幼いお子さんが遺され、教育資金を集めるための基金が設置されています。

Coach, Retired NHL Player Found Dead Of Apparent Heroin Overdose

By Ralph Iannotti | CBS Pittsburgh | April 6, 2017
http://pittsburgh.cbslocal.com/2017/04/06/dave-gove-hockey-player-overdose/

A former NHL player and minor league coach has been found dead in a rehabilitation facility for men in Pittsburgh’s Uptown neighborhood.

[…]

Gove was head coach of the Wheeling Nailers last year for several months, but took a leave of absence in April without explanation.


お前もか!のKarlssonさん。ふつうはシーズンが終了したときに発表するものだけれど、Sensはプレイオフ2ndラウンド進出を決めています。狙われちゃうのでは?

ECF敗退後の続報


Oviはシーズン終了後に発表。

[Hockey, 脳震とう] 元NHL選手は精神障害の発症率が一般よりも高い(研究)

精神障害としてあげられているのは、薬物の乱用(よく聞くのは依存性の強い鎮痛剤やヘロインなど違法薬物)、うつ病、PTSD、双極性障害、強迫性障害。

高学歴の親ほど子どもがアメフトをすることに反対だという研究をどこかで読んだことがあるけれど、ホッケーはどうなのでしょう。

Former NHL Players Are More Prone To Psychiatric Disorders Than The General Public: Study

By Sarah Rieger | Posted: 04/16/2017
http://www.huffingtonpost.ca/2017/04/16/nhl-study_n_16053316.html

現役時代に脳震とうを繰り返し経験した元選手は、認識能力テストの結果が悪かった。

The study found while there’s little evidence of cognitive impairment in the former athletes, there were “marked differences” between former players and the control group with the number of people with psychiatric disorders. Some of those differences could be due to the number of concussions NHL players experience, researchers suggest.

“Reliable group differences in cognitive performance were observed on tests of executive and intellectual function; performance on these measures was associated with concussion exposure,” the study reads.

Players who experienced more concussions scored lower on intellectual function tests than members of the control group.

認知障害がひどく、研究対象から外された元NHL選手も2人いたそうです。


NHLは「脳震とうとホッケーは関係ありませんよ~! 🙂 」という態度を取っており、NBAファンはおろか、NFLファンでさえ目をむくような危険なプレイに対しても、ろくに処罰を与えようとしない。

たとえばこちらCBJのゴミ箱くんは、1-4の負け試合が終了する直前に、背後からPens選手に殴りかかり、さらに、がかがみこんだ選手の頭を一撃… 😯 (実際のプレイ

もう一人のゴミ箱くんは、Sidを狙い撃ち。

このチームには、Sidを追いかけ回すことを使命としているらしいゴミ箱くんがいて、過去にはこんなことも。

そしてNHLがこれらの3つのプレイに対して科した処罰はというと、あわせて2試合の出場停止と、お仕置きボックス入り数分。

どうやら(打ち身などをのぞいて)ひどい怪我をしなかった若手Kuhnくんはともかく、過去に何度も脳震とうを経験しているSidの長期的な健康が心配でなりません…。 😥

[Pens] 怪我との闘いに、CoachMePlusを活用

まー、毎年飽きもせずに怪我人を出し続けているPensさん。にもかかわらず優勝してみたりプレイオフ連続出場記録を持っていたりするのだから、統計畑の人たちが頭かかえちゃうのも無理ありません。

今シーズンも、インパクトを考慮するとリーグ4番目に大きな打撃をうけた、なんてデータが。

ファンとしては多少の怪我や病気にはもうため息も出ませんが(脳震とう、ガン、血栓、心臓発作でなければむしろ安堵…)、PensのFOやコーチ陣はそうも言っていられません。

Penguins’ biometrics program helps alleviate injury woes

By Bill West | TribLIVE | April 9, 2017
http://triblive.com/sports/penguins/12161905-74/penguins-biometrics-program-helps-alleviate-injury-woes

“As long as the athletes believe (the tracking) is beneficial and there’s a trust relationship between the coaches and the athletes, then (players) will buy in,” said CoachMePlus president and co-founder Kevin Dawidowicz, who counts 11 NHL teams among his company’s clients. “The Penguins are actually a very successful organization at doing this. … They’re one of the more advanced teams.”

興味深くもあり、少し恐ろしいような気もする新しい技術。『信頼関係』がキーになるというのは頷けます。

若手くんたちにくらべると、やや慎重な言葉がSidさんらしい。

“There’s lots out there if you want to wrap your head around it,” Crosby said. “You don’t go by everything, but there’s certain pieces of information you can use. It’s not always the information you get. It’s how you interpret that information.”

CoachMePlus
(Photo: CoachMePlus.com)

Pensへ移籍してきた後も鉄人記録を途切れさせないPhilについては、徹底的にデータを取って研究してもらいたいものです。 😉

[Hockey] NHLは、韓国はパスして、中国でのオリンピックにだけ選手を出したいそうな

がめついNHLオーナーさんたちがレギュラー・シーズンを中断したくないというなら、冬季はやめて、夏の東京五輪へいらっしゃればよろしいのに。観客もエアコンがガンガンきいたアリーナでのホッケー観戦を楽しめるし、一石二鳥! 😉

それにしても、好景気にわき、オーナーと選手会が新労使協定をむすんだばかりのNBAとはえらい差です。

NHL選手会の反応。CP3率いるNBA選手会にくらべると、なんだか頼りなさそうな団体ではありますが。

箝口令?

ま、Oviは何があっても出る気まんまんだし、他のスター選手も、Kingは分身の術で、Priceさんは壁を作って、真面目なSidは愛国心あふれるチームメイトの企みによって、Brent Burnsはヒゲを隠れ蓑(?)にして、どうにか出場をはたすだろう観測も

ただ米国チームには大人の事情($$$)があるらしく、また各国がベスト・メンバーをそろえると昨年の『ワールド・カップ』みたいにボロ負けしてしまうかもしれず、大学生チームを送って体面を保てばよろしい(たんにPK*neの顔を見たくないだけ)。

国際ホッケー連盟は「そんな勝手は許さん」。

NHL asked for decision on Olympics by end of April

By Larry Lage / The Associated Press | March 23, 2017
http://www.seattletimes.com/sports/nhl-asked-for-decision-on-olympics-by-end-of-april/

The NHL has acknowledged it isn’t excited about the prospects of marketing the sport in South Korea, but it is very interested in being part of the 2022 Olympics in China.

Fasel suggested that might not be an option.

“If they don’t go to Korea, it will be very difficult for them to go to Beijing,” Fasel said. “The IOC will be in a different position and it would be a totally different deal on the table for the NHL. The NHL has more to lose than to win if they don’t come to Pyeongchang. If they don’t come, they will isolate themselves. The fans will not be happy and the players won’t be happy and then I would say, ‘Good luck with negotiations to go to China.’”

ちなみに、NHLとは関係ない女子は、どの国もベスト・メンバーを送り込みますよ。

[Hockey] NHLer、リンク(氷の状態)について語る

去年末だったか、DVDレコーダーに全日本アイスホッケー選手権の準決勝と決勝戦が録画されていたので少し見てみたところ、これがもう呆気にとられるほどパスが通らない!(笑) 選手の腕に問題があるのか、それとも氷の状態が悪くてパックが跳ねまくっていたのか、いずれにせよ早急に対処したほうがよくないですか、関係者各位さま?

ただ、NHLでも氷の状態を保つのは簡単ではないようです。

NHL – Players aren’t too happy these days with the quality of the ice around the league – Big Question

ESPN.com | Feb 22, 2017
http://www.espn.com/nhl/story/_/id/18725872/nhl-players-too-happy-days-quality-ice-league-big-question

Brooks Orpik, D, Washington Capitals: “I think you’d be hard-pressed to find a place that has good ice. I think Pittsburgh actually has good ice, after years of Sidney [Crosby] going over … it started with all of us bitching about it. It finally got to the point where Sid would go every day and constructively sit down with the guys who ran the rink and tell them exactly what he felt was wrong with it. It was good dialogue between them, and the ice started getting better and better. That’s the one place I think is consistently pretty good. […]

Sidが試合前の『儀式』の一環として、リンクのところまで出てきてスティックにテープを巻くのは、氷の状態を確認するためでもあるのかな。

24/7 Ep. 2 — Crosby Rituals

※ 途中にゾンビの切れ端(!)みたいな大変見苦しい画像が含まれています、ご注意ください。 😆

[Hockey] Pens選手による「ホッケー・ペアレント」へのアドバイス

Pensの優勝やSidくんがはじめた種まき運動のおかげで、ピッツバーグではホッケー競技人口の増加が著しい。それはつまり、悪名高い(?)ホッケー・ペアレントが増えているということでもあり…

Pittsburgh Penguins Share Tips for Parenting on Ice

http://www.pittsburghmagazine.com/Pittsburgh-Magazine/March-2017/Pittsburgh-Penguins-Share-Tips-for-Parenting-on-Ice/
By shelly anderson | Pittsburgh Magazine | February 15, 2017

“You’re at a tournament, and the obnoxious dad on your team gets in a fight with the obnoxious dad on the other team,” he [Matt Murray] says.

この記事に出てくるCullen、Kuni、Murray、Sid、Olli、Tomらのご両親が、子どもを過度に叱咤激励することなく、あくまで支援することに徹したというのはまことに結構なのだけれど、私が読みたかったのはPhilのご両親、とくにお母さんのこと。

ジュニア時代、PhilとSidのチームが対戦したときに、Mrs. Kesselが観客席の最前列からSidをヤジリ倒したのは有名な話だ。

TIL: Jack Johnson called Phil Kessel a “Dirt Bag” in a draft combine interview : hockey

https://www.reddit.com/r/hockey/comments/4m1izj/til_jack_johnson_called_phil_kessel_a_dirt_bag_in/

One of my favorite Sid stories is the time that Phil Kessel’s mom went right down to the glass and started heckling him before a face-off in the opponents’ zone. She was calling Sid every nasty name in the book and telling him that he was overrated. Typically, Sid would win the face-off and set me up for a slap shot near the blueline. Not this time. Sid went up to me and said that he was going to win the face-off and take the puck himself and score. I just nodded my head.

Sure enough, the puck drops and Sid grabs possession. Within 2 seconds, the red light goes off and all Sid does is tip his hat to Mrs. Kessel. Just a classic Sid Crosby moment.”

Sidはそのずば抜けた才能ゆえに、チームメイトや対戦相手の「熱心すぎる」ホッケー・ペアレントから怒鳴られたり脅迫されたり、ひどい扱いを受けていたと聞く。そういった大勢の大人たちのひとり、Philのお母さんのことは覚えているのだろうか?

まあSidはいちいち根に持つタイプには見えないが(キリがないし)、Mrs. Kesselは息子がSid率いるPensにトレードされ、相当気まずい思いをしたのではないか。 😆 😆 😆


Sarah Palin hockey mom quote
獰猛なことで知られるホッケー・ママ。ピットブルとの違いは口紅をぬっているかいないか、だそうです…。

[Pens, Josh Archibald] Baby Pensからまた小さい子がやって来た

レギュラーシーズンも折り返し地点を通過し、毎年恒例Pensのズタボロ化が進んでおります。Geno、Hagelin、Shearyに加え、Rustyまで脱落。

そんなわけでBaby Pensに招集がかかりました。

2011年ドラフト6巡目(全体174番目)の24歳。Wilipedeiaによると、ホッケーの盛んな北国で生まれ育ち、かつ父親がホッケー関係者という、よくあるタイプのNHLer。

5-foot-10, 176-pound(178cm、80kg)というから、この子もかなり小さい。


そもそもPensはNHL30チーム中、最も小さいチームのひとつ。
Continue reading “[Pens, Josh Archibald] Baby Pensからまた小さい子がやって来た”

[Tristan Thompson, Sidney Crosby] 手のやり場に困るカナダ人アスリートたち

有名なトップ・アスリートともなると写真を撮られる機会も多くなります。そんな時に困るのが手のやり場ですよね!(?)

カナダ人であれば片手はポケットの中、もう片手はハイファイブが基本、というわけでもないようで…

Sidney Crosbyの場合

ホッケー・ファンの間ではあまりにも有名なSidの手のやり場、それはズボンのポケットの中。指先しか入らないような小さなポケットでも無理やり突っ込んでしまうのがSid流、この不自然なポーズだけを集めたTumblr(Captain AwkwardPockets Strikes Again!)があるほどです。

ただ最近は小さなペットボトルを携帯していることが多く、このポーズも以前ほど見られなくなっていたのですが、先日、Genoが新作を披露してくれました!

(Photo courtesy of e.malkin71geno)
(Photo courtesy of e.malkin71geno)

この不自然すぎる写真、ネット探偵さんたちの解釈は『Sid邸でスーパー・ボール観戦パーティーが開かれ、賭けに負けたSidが恥ずかしい写真をSNSに暴露された』ということになっています。はたして真相やいかに?(笑)

ちなみにGenoとHornyが掲げている額縁には、Sidと同郷の弟分にしてAvsのスター選手Nateくんのツーショット写真が収められていることが確認されております。


Tristan Thompsonの場合

こちら人懐っこそうな笑顔が素敵なCavsのTTは、体の前でてのひらを上向きに開いて見せるのが『決めポーズ』のようです。

(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of )
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)

目の前でこんなポーズをされると、ふらふらと近づいていってハグしちゃいそうだ。 😉

Source:


おまけは、TTがSid先輩を真似して撮った写真。ここでもやはり手の位置が…(笑)