[Tristan Thompson, Sidney Crosby] 手のやり場に困るカナダ人アスリートたち

有名なトップ・アスリートともなると写真を撮られる機会も多くなります。そんな時に困るのが手のやり場ですよね!(?)

カナダ人であれば片手はポケットの中、もう片手はハイファイブが基本、というわけでもないようで…

Sidney Crosbyの場合

ホッケー・ファンの間ではあまりにも有名なSidの手のやり場、それはズボンのポケットの中。指先しか入らないような小さなポケットでも無理やり突っ込んでしまうのがSid流、この不自然なポーズだけを集めたTumblr(Captain AwkwardPockets Strikes Again!)があるほどです。

ただ最近は小さなペットボトルを携帯していることが多く、このポーズも以前ほど見られなくなっていたのですが、先日、Genoが新作を披露してくれました!

(Photo courtesy of e.malkin71geno)
(Photo courtesy of e.malkin71geno)

この不自然すぎる写真、ネット探偵さんたちの解釈は『Sid邸でスーパー・ボール観戦パーティーが開かれ、賭けに負けたSidが恥ずかしい写真をSNSに暴露された』ということになっています。はたして真相やいかに?(笑)

ちなみにGenoとHornyが掲げている額縁には、Sidと同郷の弟分にしてAvsのスター選手Nateくんのツーショット写真が収められていることが確認されております。


Tristan Thompsonの場合

こちら人懐っこそうな笑顔が素敵なCavsのTTは、体の前でてのひらを上向きに開いて見せるのが『決めポーズ』のようです。

(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of )
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)

目の前でこんなポーズをされると、ふらふらと近づいていってハグしちゃいそうだ。 😉

Source:


おまけは、TTがSid先輩を真似して撮った写真。ここでもやはり手の位置が…(笑)

Advertisements

#WomensMarch: Pop、Lebron、ホッケー界の反応など

Pensの記者も、Sullyや選手たちに質問をぶつけてみてほしい(答えを聞くのが怖くもあるが)。

文字起こしはこちら。

Popovich has more to say about President Trump

By Jeff McDonald | Spurs Nationn | January 21, 2017
http://blog.mysanantonio.com/spursnation/2017/01/21/popovich-has-more-to-say-about-president-trump/

And what really bothers me are the people around him, the Sean Spicers, the Kellyanne Conways the Reince Preibuses, who know who he is and actually have the cynical approach and disingenuous attitude to really defend him and make him look like he didn’t say what he said.  […]


このShout Outに対して「Lebronへのリスペクトをすべて失った」などと返信する人があったり(ヒラリーの選挙応援はOKだったのか???)、「そりゃキングもさぞ悲しがるでしょうよ」「Lebronが女性をリスペクトするから?」などとさらにツッコミが入ったりしております。


数字の正確さはともかく、某就任式にくらべると観客席もぎっしり埋まっているみたい。

NHLはNBAとくらべると社会正義には無関心に感じられる。トランプ支持層と同じく、裕福な白人男性が圧倒的多数を占めているせいなのか、米国人よりも外国人(カナダ、欧州、ロシア)が多いせいなのか、今回の大統領選もせいぜいジョークのネタ扱いだった。

San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017

先日はPenは幸運だという記事を紹介したけれど、Kawhiを擁するSpursもまた幸運なり。そしてPopお墨付き[1]『キング』の活躍を目撃できるのも最高に幸運。 😀 😀 😀

Kawhiも虚をつかれた(?)“LeF*ckYou3”。Spursファンも笑うしかない。

Continue reading “San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017”

[NBA] Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Rachelのオススメに偽りなし! 

話題はGSWとの『ライバル関係』から3ポイントの『成功率』、学生アスリートとして過ごした大学時代などなど多岐にわたり飽きさせない。次のエピが今から楽しみ。

Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Cleveland Cavaliers | Jan 17, 2017
http://www.nba.com/cavaliers/features/road-trip-170117

Episode 1: Flying in from the West Coast

During the longest road trip of the season, RJ and Channing are joined by Kyrie Irving in the first edition of “Road Trippin’ with RJ & Channing”. The guys talk about everything from life on the road to Super Bowl predictions and everything in between.

Cleveland Cavaliers (28-8) vs. Utah Jazz (23-16) – Jan. 10, 2016

ここ何年もホームでの対Lebron戦は負け知らずのJazz。

Hill様復活で勢いづくJazzに対して、CavsはLebronとTT以外はまったく調子に乗れなかった様子。新メンバー加入直後だし、そう簡単にピースがぴたりと合ってしまっては面白くないというもの。

Jazzファンとはいえ、Nash以来のカナダ人選手びいきとしてはTTの活躍が嬉しく、最高に楽しいゲームでした。このままJazzが健康な状態を保てばプレイオフでの番狂わせもあるかも。もしJazz vs. SpursがWCFで実現したら…(妄想中)

Go Jazz!!! 😎 😎 😎

Continue reading “Cleveland Cavaliers (28-8) vs. Utah Jazz (23-16) – Jan. 10, 2016”

[NBA] Cavs、Kyle Korverを獲得!

CavsもPensと同様の理由から WIN NOW!!! モードなわけで、これは誰もが納得する動き。r/AtlantaHawksを覗いたかぎりでは、Korverさん、ファンの受けも大変良かったみたい。Good jobです、GM Griffin。

The 2016 NBA Champion Cleveland Cavaliers have acquired guard Kyle Korver from the Atlanta Hawks in exchange for guard/forward Mike Dunleavy, guard Mo Williams, cash considerations and a protected first round draft pick (first possible pick is Cleveland’s 2019 first round pick), Cavaliers General Manager David Griffin announced today from Cleveland Clinic Courts.


それにしても、Lebronのパスの威力の凄まじいこと。数字を見ると笑ってしまうレベル。もちろんLebron自身が「いつでも点を取りにいける」脅威であるからこそ、パスの威力が増すわけだけれども。

Korverさんの成績(今期40.9%)はどこまで上がるのか…。

NBA Daily Show: Jan. 6 – The Starters
The Lebron Factor

[Steve Kerr, Tyronn Lue] Cavs vs. GSW 試合後にHCが語ったこと

ファンはぎゃんぎゃん騒いでいるが、『敗戦の将』はあっさり。

Kerrを尊敬するのは、元Spurだからという以上に、その肩の上に乗っているものと、強いハートゆえ。彼(やSteve Nash)がイラク戦争反対の発言をしたときは、胸がふるえたものです。MJが土壇場でKerrにボールを渡したのも、そのハートを信じたからに違いない。


一方のLueコーチの発言

“You should get a tech if you wink,” Lue said. “I’d rather he’d cussed him out or said something like that. If you wink, you should get a tech, yeah, for sure.”

ここでLueを批判するつもりはまったくない。ジョークで返答したことは好ましく、自分がその場にいて記者とのやり取りを聞いていたらくすっと笑っていたかもしれない。ただこうして文字にして読むと、homophobicな含みを感じずにはいられない。

Lueにその意図はないと信じる。またウィンクをしてテクニカルを取られたRichard Jeffersonや、ウィンクを贈られた(?)KDが、Lueのジョークで気分を害した/傷ついたとも考えにくい。それでもSame Loveで歌われる、心細い思いを抱えた男の子たちを思い出して悲しい気持ちになった。 😦

MACKLEMORE & RYAN LEWIS – SAME LOVE feat. MARY LAMBERT (OFFICIAL VIDEO) – YouTube

Golden State Warriors (27-4) vs. Cleveland Cavaliers (22-6) – Dec. 25, 2016

勝者は…NBAファン! おそらく審判への批判があるだろうけれど、氷上の無法地帯で笛を飲み込んでいるNHLゼブラさんたちに比べるとNBA審判は神も同然。私からは何の不満もございませぬ。

Back 2 backのファイナルが楽しみでないといったら嘘になります(Spursのステルス・モードによる番狂わせにも期待 😉 )。

そして今期GSWが負けたときの常として(笑)

kd-my-next-chapter
(Photo courtesy of foxsleftear

なかなかお似合いです。心臓をぐっさりつき刺されているみたいに見えるのがまたなんとも。

TrollゲームはCavsに一日の長ありか。Lebron、指輪してらっしゃいます! 😆


勝者にリーグとABCを追加。Knicks vs. LakersというTVマーケット的には夢のマッチアップと肩を並べたというのだからすごい。

NBA Finals Rematch on ABC Matches Highest-Rated Christmas Game in 12 Years in the Early Window

By Ben Cafardo @Ben_ESPN | December 26, 2016
http://espnmediazone.com/us/press-releases/2016/12/nba-finals-rematch-abc-matches-highest-rated-christmas-game-12-years-early-window/

The Christmas Day NBA Finals rematch on ABC, in which the Cleveland Cavaliers defeated the Golden State Warriors 109-108 after a thrilling fourth quarter comeback, delivered a strong 5.9 overnight rating, matching the highest-rated Christmas NBA game in 12 years on ABC in the early window (2:30 p.m. ET). The New York Knicks-Los Angeles Lakers matchup in 2012 also generated a 5.9 overnight rating.

クリスマス興行とはいえ、レギュラー・シーズン中に5.9 overnight ratingとは! 😯

ちなみに2016年のNHLファイナル最終戦は3.1 rating。TVマーケットの規模は、San Francisco-Oakland-San Jose(6位)、Cleveland(17位)、Pittsburgh(23位)。

[NBA] 人生の勝者となるためのアドバイス:あなたが家に帰るたびに…

もみくちゃにされるDelly。遅れて登場するJRのお洋服が可愛らしい(笑)。

人生の勝者となるためのアドバイス:
あなたが家に帰るたびにKyrieやJRのように抱きしめてくれる人を見つけなさい。


2015年のファイナル、あっさり負けちゃうのかと思っていたCavsがまさかの善戦を見せたとき、King Jamesのかたわらで“played his heart out”の表現がまさにぴったりとくる奮闘をしていたのが、このチビっこいDellyくんでした。

なかなか日本人NBA選手が出てこないので、範囲を拡大してDellyたちオセアニア出身者も「うちの近所の子たち」として応援してはいたけれど、本当の意味でファンになったのはあのときから。

改めましておめでとうございます、DellyとオーストラリアのNBAファンのみなさん!

[LeBron James] SI誌のスポーツ大賞と胸の安全ピン

この表紙を見たときにまず目をひかれたのは

  • やはり生え際(すみません)
  • タートルネックは先日のホワイトハウス表敬訪問でも着ていたし、流行っているのかしら?
  • 白のジャケットはもちろん仕立てがいいのだろうけど、着痩せして見える
  • 胸元のゴツイのは…クラリネットのブローチ???(よく見てみると、眼鏡かサングラスのテンプルらしい)

ラペルのところのかなり大きな安全ピンには気づきもしませんでした。たとえ気づいたとしても、ファッションとして片付けたはず。しかしこのピンこそがLebronのfashion statementだったのです。

Continue reading “[LeBron James] SI誌のスポーツ大賞と胸の安全ピン”