[Spurs] 特製ベジ・フルーツ100%『スーパー・シェイク』で疲労回復

レシピは秘密らしいです。H‑E‑BでSlam Duncan O’sと並べて売り出したらいいのに!

The San Antonio Spurs, made with 100 percent juice

By Michael C. Wright / ESPN Staff Writer
http://www.espn.com/nba/story/_/page/presents19295594/nba-playoffs-2017-san-antonio-spurs-made-100-percent-juice

Kawhi Leonard’s custom cold-pressed juice has been named “Kawhi-Zilla” by Spurs staff, and features strawberry, watermelon, lemon and chia seed. LaMarcus Aldridge drinks one with a label that reads “LaLa Leave My Juice Alone,” which is a mixture of pineapple, orange, strawberry, spinach and secrecy. For the last three years, nearly every player on San Antonio’s roster drinks his own personalized juice whipped up by the staff as an aid to recovery.

GreenさんのはやはりGreen Juice?(笑)

It’s one of many things the Spurs do in the name of player health. Does it work? Hard to say. But also hard to ignore, especially if you’re one of the 29 teams that trails the Spurs when it comes to injury prevention. Over the last decade, and despite an older roster, the Spurs have ranked first in the league with only 1,054 missed games to injury. During the 2015-16 season, Spurs players missed only 59 games due to injury, according to In Street Clothes.

ベテラン選手が多いことを考えると素晴らしいの一言。もちろん休養マネージメントも大いに関係あるのだろうけれど。怪我人の多さで毎年リーグを牽引しているPensは見習えるところはすべて見習ってほしい。まずはスーパー・シェイクから?

H‑E‑B Slam Duncan O’s – YouTube

Advertisements

[Houston Rockets] The Players’ Tribuneの記事2本

今シーズンのRocketsは試合も見ていて面白いし、その上にこんな記事まで書いてくれちゃって、ファンになってしまいそうです…。NBAでは(NHLとは違って)、自分が応援するチームだけではなく、相手チームのHCや選手をリスペクトすることができて嬉しい。 🙂

When James Calls, You Pick Up | The Players’ Tribune

By Eric Gordon / Houston Rockets | Apr 27 2017
https://www.theplayerstribune.com/eric-gordon-houston-rockets-james-harden-sixth-man/

The one thing they never mentioned — not once — was that I would be coming off the bench.

A New Obsession | The Players’ Tribune

By James Harden / Houston Rockets | May 1 2017
https://www.theplayerstribune.com/james-harden-houston-rockets-2017-playoffs/

I’ve never been a writer before, but you know what?

Before this season I’d never really been a point guard, either. So let’s do this.

シュートが上手いからという理由だけで、たとえばKlay Thompsonのファンになったりはしないけれど、こういう文章を読んでしまうと『面倒見のいいお兄さん』Eric Gordonを応援することになる。コーチD’Antoniの顔を見るたびに、フィルム部屋にこもってHardenにSteve Nashのビデオを見せているところを想像するようになる(笑)。

それにしてもHardenさん、チームメイトからはJamesと呼ばれているのね。考えてみれば当たり前なのだろうけれど、『はーでん』のイメージが強く、またJamesといえばLebronを連想するので、なんとなく意外だったのでした。

[Hockey] 毎年恒例 「実は怪我を隠してプレイしていました」のマッチョ自慢合戦(?)はじまる

ホッケー・メディアやファンはこういうのが大好き。「NHLerはなんと勇敢であることか!」「これぞ男、真の勇者!」みたいに賞賛されるのですが、ほんとうにそうかな? 😦

昨シーズン、Pensとファイナルを戦ったSharksは1stラウンドで敗退。キャプテンThorntonさんの場合:

『勇敢』ともてはやすことの問題。

上記ツイートの実例。「Thorntonにひきかえ、NBA選手はたかが指を怪我しただけでプレイオフを全欠」

Blake Griffinを軟弱だとののしりたいなら、チームのスタッフを殴って自分の手を骨折だかなんだかしたことを持ち出してほしい。ただMcJesusくんも試合中に誰かを殴ろうとして手を怪我したことがありましたよね。

話題を戻して。こういう姿勢が賛美されるせいで、キャリアやメンタル・ヘルスを犠牲にする人が出てくる。

NHLが抱えるメンタル・ヘルスや脳震とうの問題ともかかわりがあるのでは?

「ねえママ、どうしてパパはぼくの名前を忘れるの?」「パパはね、チームのために戦ったのよ」 😥

思い出されるのは、現役中、5度の脳震とうを経験し、長期記憶障害を負うことになった元NFL選手が妻と4人の娘のために書いたラブレター。

Ex-NFL Dad Writes Love Letter to His Wife & Daughters After Concussions Cause His Mind to Slip Away

By Sara Vallone
http://ijr.com/2016/08/682728-ex-nfl-dad-writes-love-letter-to-his-wife-daughters-after-concussions-cause-his-mind-to-slip-away/

You Will Always Be My Girls – YouTube

Published on Jun 26, 2014

Super Bowl Champion Ben Utecht writes a love letter to his wife and girls from the perspective of the aging football player who may not remember their names and faces one day due to brain disease from concussions.


そういえば先日、薬物の過剰摂取により亡くなったとされるベイビーPens(Wheeling Nailers)の元コーチも、現役中に負った怪我が元で依存症になったのではと噂されていました。ホッケー村では悲しいかな、よく聞く話です。まだ30代、幼いお子さんが遺され、教育資金を集めるための基金が設置されています。

Coach, Retired NHL Player Found Dead Of Apparent Heroin Overdose

By Ralph Iannotti | CBS Pittsburgh | April 6, 2017
http://pittsburgh.cbslocal.com/2017/04/06/dave-gove-hockey-player-overdose/

A former NHL player and minor league coach has been found dead in a rehabilitation facility for men in Pittsburgh’s Uptown neighborhood.

[…]

Gove was head coach of the Wheeling Nailers last year for several months, but took a leave of absence in April without explanation.


お前もか!のKarlssonさん。ふつうはシーズンが終了したときに発表するものだけれど、Sensはプレイオフ2ndラウンド進出を決めています。狙われちゃうのでは?

ECF敗退後の続報


Oviはシーズン終了後に発表。

[Spurs] 20年連続で勝率5割以上を達成!

この安定性、浮き沈みの激しいPensとは対照的です。

[Spurs, Dejounte Murray] The Rookie And The Vet, Family For Life

ルーキーDejounteくんとベテランLMA。素敵な写真。そして“family for life”のキャプションにグッとくる。 ❤

これを見て思い出したのは、DejounteがBaby Boy(笑)と呼ばれていた頃から彼を支援してきたClippersのベテラン選手Jamal Crawfordのこと。いま読み返してみると記事にはLaMarcusの名前も出てくる。Portland時代のチームメイトとしてJamalの結婚式前日のチャリティ試合に参加して、そのときに若きDejounteにも会ったみたい。

NBA: Dejounte Murray’s biggest mentor is Jamal Crawford

by Michael C. Wright | ESPN | Dec 22, 2016
http://www.espn.com/nba/story/_/page/12dayschristmas4/dejounte-murray-biggest-mentor-jamal-crawford

“You never know what a kid is going through,” Murray said. “I’m not going to speak on what I was going through, because I don’t want to put that out right now. But it was just rough. Some kids have a house, have their mom and dad, stuff like that. Then you have kids that go through it. It is what it is, just life. But like I said, more NBA players should reach out to kids.”

Pensの若手で苗字が同じMurrayくんも、子どもの頃に地元出身の元NHLerが(高価なため個人で購入するのは大変な)ゴーリー装具一式を寄付してくれてとても助かったと感謝していたが、Dejounteが育った境遇の過酷さやJamal Crawfordの貢献は別の次元だ。

Murray says Crawford “tried to help, but there was nothing he could really do. He was an NBA player. So he couldn’t come get me. There’s only so much you can tell somebody. He could text and say, ‘Stay out of the streets’ or whatever. But he wasn’t there. It was hard.”

“He helped us,” Murray says of Crawford. “He definitely was there for us if we ever needed something. He always stayed positive with me and my family. He always hit up my family, my mom, my sister, my uncles. He stayed in contact with me. He’d pretty much tell them to make sure my head is straight. ‘That kid has a chance.’ I’ve seen several messages from my uncles, my mom with them just saying Jamal just texted me saying little things like that.”

Dejounteがメンターとして面倒を見ているという地元の子たちは、最近のDejounteの活躍にどんなにわくわくしているだろう。がんばれDejounte、Go Spurs!!!

おまけにCP3負傷中は苦しい戦いを強いられるであろうJamalさん、陰ながら応援しています、Go Clippers!!!

それにしても、週に2~3回は試合があり、経験豊富なベテランが多いとはいえ、Spursは1ヶ月以上もチーム練習をしないのか…! 😯

Golden State Warriors (38-6) vs. Miami Heat (14-30) – Jan. 23, 2017

本日のSpurs vs. Netsは、Kawhiを含む四枚落ち(?)にもかかわらずSpursが大勝。

若手くんたちの起用法をテストするには良い機会になっただろうけれど(私もKyleがボールを持つのにだんだん慣れてきました)、後半は大差がついてしまい、判官びいきとしては申し訳ない気持ちに。早くLinが復活しますように… 😦

OKC vs. JazzはRussの活躍もあり競り負け。今期のRussとOKCは応援しないわけにはいかないので、こちらもやや複雑な気持ちに。

そんな中(関係のないSpurs vs. Netsスレッドに)飛び込んできたのは、「GSWが負けた!」との速報(笑)。KDの元チームメイトとしては初の快挙になるのかな。おめでとうございます、殊勲賞のDion & Heat!!! 8)

そしてお約束の…
Continue reading “Golden State Warriors (38-6) vs. Miami Heat (14-30) – Jan. 23, 2017”

#WomensMarch: Pop、Lebron、ホッケー界の反応など

Pensの記者も、Sullyや選手たちに質問をぶつけてみてほしい(答えを聞くのが怖くもあるが)。

文字起こしはこちら。

Popovich has more to say about President Trump

By Jeff McDonald | Spurs Nationn | January 21, 2017
http://blog.mysanantonio.com/spursnation/2017/01/21/popovich-has-more-to-say-about-president-trump/

And what really bothers me are the people around him, the Sean Spicers, the Kellyanne Conways the Reince Preibuses, who know who he is and actually have the cynical approach and disingenuous attitude to really defend him and make him look like he didn’t say what he said.  […]


このShout Outに対して「Lebronへのリスペクトをすべて失った」などと返信する人があったり(ヒラリーの選挙応援はOKだったのか???)、「そりゃキングもさぞ悲しがるでしょうよ」「Lebronが女性をリスペクトするから?」などとさらにツッコミが入ったりしております。


数字の正確さはともかく、某就任式にくらべると観客席もぎっしり埋まっているみたい。

NHLはNBAとくらべると社会正義には無関心に感じられる。トランプ支持層と同じく、裕福な白人男性が圧倒的多数を占めているせいなのか、米国人よりも外国人(カナダ、欧州、ロシア)が多いせいなのか、今回の大統領選もせいぜいジョークのネタ扱いだった。

San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017

先日はPenは幸運だという記事を紹介したけれど、Kawhiを擁するSpursもまた幸運なり。そしてPopお墨付き[1]『キング』の活躍を目撃できるのも最高に幸運。 😀 😀 😀

Kawhiも虚をつかれた(?)“LeF*ckYou3”。Spursファンも笑うしかない。

Continue reading “San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017”

[NBA] Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Rachelのオススメに偽りなし! 

話題はGSWとの『ライバル関係』から3ポイントの『成功率』、学生アスリートとして過ごした大学時代などなど多岐にわたり飽きさせない。次のエピが今から楽しみ。

Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Cleveland Cavaliers | Jan 17, 2017
http://www.nba.com/cavaliers/features/road-trip-170117

Episode 1: Flying in from the West Coast

During the longest road trip of the season, RJ and Channing are joined by Kyrie Irving in the first edition of “Road Trippin’ with RJ & Channing”. The guys talk about everything from life on the road to Super Bowl predictions and everything in between.

Utah Jazz (26-16) vs. Phoenix Suns (13-27) – Jan. 16, 2017

先日はSpursを負かしたSunsと、今日はJazzが対戦。

このところ負けがこんでおり(Pens3の連敗を筆頭として…)、嬉しい白星。特にSunsの『フィジカル』なプレイ・スタイルは好きになれないので余計に嬉しい。どれほど好きになれないかというと、Bookerの童顔にまでイラっとしてしまうほど。[1] 😈

正直、最後まで勝てる気がしなかった。昨シーズンだったら落としていたのではないか。それにしても何をさせてもそつがないHaywardくん、最後にファウルを取りに行ったプレイといい、試合後のまとめといい。

そのHaywardくん、週間最優秀選手に選出されました。All-Starはいかに?

ですよねー。そしてRudyくんもお忘れなく!(InglesさんもDiaw先輩も後輩のために最後の一押し、優しいなあ 😀 )
Other Stories : Rudy Gobert & Boris Diaw (English Subtitles)


注1:
Bookerの年齢を調べてみると、96年生まれの20歳、ホンマに若い! HCのEarl Watsonも79年生まれの37歳。こちらも若い~(うちのManuさんより2歳も年下)! ふたりとも童顔というよりも年齢相応か。