[Spurs] 20年連続で勝率5割以上を達成!

この安定性、浮き沈みの激しいPensとは対照的です。

Advertisements

[Pens, Josh Archibald] Baby Pensからまた小さい子がやって来た

レギュラーシーズンも折り返し地点を通過し、毎年恒例Pensのズタボロ化が進んでおります。Geno、Hagelin、Shearyに加え、Rustyまで脱落。

そんなわけでBaby Pensに招集がかかりました。

2011年ドラフト6巡目(全体174番目)の24歳。Wilipedeiaによると、ホッケーの盛んな北国で生まれ育ち、かつ父親がホッケー関係者という、よくあるタイプのNHLer。

5-foot-10, 176-pound(178cm、80kg)というから、この子もかなり小さい。


そもそもPensはNHL30チーム中、最も小さいチームのひとつ。
Continue reading “[Pens, Josh Archibald] Baby Pensからまた小さい子がやって来た”

[Tristan Thompson, Sidney Crosby] 手のやり場に困るカナダ人アスリートたち

有名なトップ・アスリートともなると写真を撮られる機会も多くなります。そんな時に困るのが手のやり場ですよね!(?)

カナダ人であれば片手はポケットの中、もう片手はハイファイブが基本、というわけでもないようで…

Sidney Crosbyの場合

ホッケー・ファンの間ではあまりにも有名なSidの手のやり場、それはズボンのポケットの中。指先しか入らないような小さなポケットでも無理やり突っ込んでしまうのがSid流、この不自然なポーズだけを集めたTumblr(Captain AwkwardPockets Strikes Again!)があるほどです。

ただ最近は小さなペットボトルを携帯していることが多く、このポーズも以前ほど見られなくなっていたのですが、先日、Genoが新作を披露してくれました!

(Photo courtesy of e.malkin71geno)
(Photo courtesy of e.malkin71geno)

この不自然すぎる写真、ネット探偵さんたちの解釈は『Sid邸でスーパー・ボール観戦パーティーが開かれ、賭けに負けたSidが恥ずかしい写真をSNSに暴露された』ということになっています。はたして真相やいかに?(笑)

ちなみにGenoとHornyが掲げている額縁には、Sidと同郷の弟分にしてAvsのスター選手Nateくんのツーショット写真が収められていることが確認されております。


Tristan Thompsonの場合

こちら人懐っこそうな笑顔が素敵なCavsのTTは、体の前でてのひらを上向きに開いて見せるのが『決めポーズ』のようです。

(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)
(Photo courtesy of )
(Photo courtesy of onlymostlydeadd)

目の前でこんなポーズをされると、ふらふらと近づいていってハグしちゃいそうだ。 😉

Source:


おまけは、TTがSid先輩を真似して撮った写真。ここでもやはり手の位置が…(笑)

[Bell Let’s Talk] カナダ『メンタル・ヘルスについて語ろう』の日

「メンタル・ヘルスを取り巻く悪いイメージ(stigma)を取り払って、みんなでメンタル・ヘルスについて語ろうよ!」というカナダ発の運動。ホッケー関係者やファンにはカナダ人が多いので、毎年この時期になると、Twitterでもこのハッシュタグをよく見かけます。

メンタル・ヘルスを、デンタル・ヘルスみたいに隠さず気軽に話せたら…。

Bell Let’s Talk 2015 – Howie Mandel Testimonial

Published on Dec 22, 2014
Howie Mandel is determined to make talking about mental health more acceptable. Watch this video to hear Howie’s story and find out why he fights for mental health. For every #BellLetsTalk tweet on Jan 27, Bell will donate 5¢ to mental health initiatives. Learn more: http://letstalk.bell.ca


メンタル・ヘルスについて語るとき、アルツハイマー患者だけではなく、介護をする人たちのことも忘れてはいけない。


ホッケーとアルツハイマーという言葉が並んだとき、思い出すのは次の写真。

脳スキャン:右から健康な人、慢性外傷性脳症(CTE)が疑われる元NFL選手、アルツハイマー症の患者
脳スキャン:左から健康な人、慢性外傷性脳症(CTE)が疑われる元NFL選手、アルツハイマー症の患者

NHLのお偉いさんたちは「ホッケーと脳震とうは関係ありませんよ~、CTEなんて病気はありませんよ~」と主張して、元ホッケー選手たちが起こそうとしている脳震とう集団訴訟を全力で潰そうとしているけれど。

Skeptical of CTE link, NHL won’t fund concussion research

by Nancy Armour , USA TODAY Sports | Jan. 25, 2017
http://www.usatoday.com/story/sports/nhl/2017/01/25/nhl-concussions-research-funding-nhlpa-gary-bettman-lack-of-support/97046568/

The NFL has been criticized both for the amount of money it has donated for head trauma research and trying to manipulate how it is spent.

But at least it has donated.

The NHL has not given money to any of the four centers leading research into neurodegenerative diseases, specifically the question of why so many football and hockey players develop chronic traumatic encephalopathy (CTE), USA TODAY Sports has found.

科学者を攻撃して研究費を削る。NHLのやり方は、地球温暖化なんてデタラメですよ~と主張する政治家そっくりだ。

[Spurs, Dejounte Murray] The Rookie And The Vet, Family For Life

ルーキーDejounteくんとベテランLMA。素敵な写真。そして“family for life”のキャプションにグッとくる。 ❤

これを見て思い出したのは、DejounteがBaby Boy(笑)と呼ばれていた頃から彼を支援してきたClippersのベテラン選手Jamal Crawfordのこと。いま読み返してみると記事にはLaMarcusの名前も出てくる。Portland時代のチームメイトとしてJamalの結婚式前日のチャリティ試合に参加して、そのときに若きDejounteにも会ったみたい。

NBA: Dejounte Murray’s biggest mentor is Jamal Crawford

by Michael C. Wright | ESPN | Dec 22, 2016
http://www.espn.com/nba/story/_/page/12dayschristmas4/dejounte-murray-biggest-mentor-jamal-crawford

“You never know what a kid is going through,” Murray said. “I’m not going to speak on what I was going through, because I don’t want to put that out right now. But it was just rough. Some kids have a house, have their mom and dad, stuff like that. Then you have kids that go through it. It is what it is, just life. But like I said, more NBA players should reach out to kids.”

Pensの若手で苗字が同じMurrayくんも、子どもの頃に地元出身の元NHLerが(高価なため個人で購入するのは大変な)ゴーリー装具一式を寄付してくれてとても助かったと感謝していたが、Dejounteが育った境遇の過酷さやJamal Crawfordの貢献は別の次元だ。

Murray says Crawford “tried to help, but there was nothing he could really do. He was an NBA player. So he couldn’t come get me. There’s only so much you can tell somebody. He could text and say, ‘Stay out of the streets’ or whatever. But he wasn’t there. It was hard.”

“He helped us,” Murray says of Crawford. “He definitely was there for us if we ever needed something. He always stayed positive with me and my family. He always hit up my family, my mom, my sister, my uncles. He stayed in contact with me. He’d pretty much tell them to make sure my head is straight. ‘That kid has a chance.’ I’ve seen several messages from my uncles, my mom with them just saying Jamal just texted me saying little things like that.”

Dejounteがメンターとして面倒を見ているという地元の子たちは、最近のDejounteの活躍にどんなにわくわくしているだろう。がんばれDejounte、Go Spurs!!!

おまけにCP3負傷中は苦しい戦いを強いられるであろうJamalさん、陰ながら応援しています、Go Clippers!!!

それにしても、週に2~3回は試合があり、経験豊富なベテランが多いとはいえ、Spursは1ヶ月以上もチーム練習をしないのか…! 😯

Golden State Warriors (38-6) vs. Miami Heat (14-30) – Jan. 23, 2017

本日のSpurs vs. Netsは、Kawhiを含む四枚落ち(?)にもかかわらずSpursが大勝。

若手くんたちの起用法をテストするには良い機会になっただろうけれど(私もKyleがボールを持つのにだんだん慣れてきました)、後半は大差がついてしまい、判官びいきとしては申し訳ない気持ちに。早くLinが復活しますように… 😦

OKC vs. JazzはRussの活躍もあり競り負け。今期のRussとOKCは応援しないわけにはいかないので、こちらもやや複雑な気持ちに。

そんな中(関係のないSpurs vs. Netsスレッドに)飛び込んできたのは、「GSWが負けた!」との速報(笑)。KDの元チームメイトとしては初の快挙になるのかな。おめでとうございます、殊勲賞のDion & Heat!!! 8)

そしてお約束の…
Continue reading “Golden State Warriors (38-6) vs. Miami Heat (14-30) – Jan. 23, 2017”

#WomensMarch: Pop、Lebron、ホッケー界の反応など

Pensの記者も、Sullyや選手たちに質問をぶつけてみてほしい(答えを聞くのが怖くもあるが)。

文字起こしはこちら。

Popovich has more to say about President Trump

By Jeff McDonald | Spurs Nationn | January 21, 2017
http://blog.mysanantonio.com/spursnation/2017/01/21/popovich-has-more-to-say-about-president-trump/

And what really bothers me are the people around him, the Sean Spicers, the Kellyanne Conways the Reince Preibuses, who know who he is and actually have the cynical approach and disingenuous attitude to really defend him and make him look like he didn’t say what he said.  […]


このShout Outに対して「Lebronへのリスペクトをすべて失った」などと返信する人があったり(ヒラリーの選挙応援はOKだったのか???)、「そりゃキングもさぞ悲しがるでしょうよ」「Lebronが女性をリスペクトするから?」などとさらにツッコミが入ったりしております。


数字の正確さはともかく、某就任式にくらべると観客席もぎっしり埋まっているみたい。

NHLはNBAとくらべると社会正義には無関心に感じられる。トランプ支持層と同じく、裕福な白人男性が圧倒的多数を占めているせいなのか、米国人よりも外国人(カナダ、欧州、ロシア)が多いせいなのか、今回の大統領選もせいぜいジョークのネタ扱いだった。

San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017

先日はPenは幸運だという記事を紹介したけれど、Kawhiを擁するSpursもまた幸運なり。そしてPopお墨付き[1]『キング』の活躍を目撃できるのも最高に幸運。 😀 😀 😀

Kawhiも虚をつかれた(?)“LeF*ckYou3”。Spursファンも笑うしかない。

Continue reading “San Antonio Spurs (33-9) vs. Cleveland Cavaliers (30-11) – Jan. 21, 2017”

[NBA] Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Rachelのオススメに偽りなし! 

話題はGSWとの『ライバル関係』から3ポイントの『成功率』、学生アスリートとして過ごした大学時代などなど多岐にわたり飽きさせない。次のエピが今から楽しみ。

Road Trippin’ Podcast with RJ & Channing

Cleveland Cavaliers | Jan 17, 2017
http://www.nba.com/cavaliers/features/road-trip-170117

Episode 1: Flying in from the West Coast

During the longest road trip of the season, RJ and Channing are joined by Kyrie Irving in the first edition of “Road Trippin’ with RJ & Channing”. The guys talk about everything from life on the road to Super Bowl predictions and everything in between.

[Pens] Geno 30歳:体調万全にして絶好調、自らの成長と親友Sidについて語る

Pensはラッキーの言葉に異議なし。

Evgeni Malkin healthy, productive for Penguins

by Nicholas J. Cotsonika | NHL.com
https://www.nhl.com/news/evgeni-malkin-putting-together-productive-season-for-penguins/c-285782366

“It means so much for me,” Malkin said. “I come to the rink every day. I see how Sid works and I try follow him. It’s, like, I know he’s best player in NHL for the last two years, over the last 10 years, and I just try follow him. In practice I try to repeat [what he does]. When he scores I try do my best and score too, try just be better every day like him. He never stops. He tries to work hard every day, tries be better every day, and I look to him. … I’m a lucky guy to be here.

“The Penguins are lucky too.

Continue reading “[Pens] Geno 30歳:体調万全にして絶好調、自らの成長と親友Sidについて語る”